登稔(とうじん)のこんなんでけたんや

アクセスカウンタ

zoom RSS ぜー六

<<   作成日時 : 2013/05/02 15:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

もう5月やいうのに寒いし天気も悪い。

世間ではゴールデンウイークやいうてさわいどおる。

こう寒いと何やテンションが下がってやる気が出ない。 

だったらワシも休んだれ

関西人はこういう時は

「屁ぇーこいて寝てこましたろ」ということになる 

本当に屁をこくか否かはその時の体調にもよるし 

上手いことでればよいが無理に出すとややこしくなるので

どっちゃでも良いのである。 

「寝る」をもっとネイティブに言うと「どぶさる」になる 

「臥せる」に「ど」が付くのだ。


このところ「定吉七番の復活」を読んでからどうもディープな大阪弁になってしまう。


20歳のころ堺筋本町と谷町の間に大阪国際ホテルがあって

(いまはどうやらシティープラザ大阪とかいう立派なホテルになってるみたい)

そこで皿洗いのバイトをやっていた。2年くらいやってたかな 

その近くにぜー六という古ーいアイスクリーム屋さんがあってアイス最中がうまかった。

ネットで見るとまだあるようで写真ではおしゃれなカフェみたいになってるみたい 


でその「ぜー六」という意味は知らなんだけれど

丁稚を意味することが分かった

「このぜー六が・・・」と東京もんが上方もんを馬鹿にして言うらしい


「定吉七番の復活」にもこの「ぜー六」が登場する

丁稚と言えば「番頭ハンと丁稚どん」

大村昆の丁稚 昆松

お仕着せの丈の短い着物に前掛け 

十円禿げの坊主頭 

雁之助の番頭 

「こんなんもろた こんなんもろた」


いや懐かしいなーー















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ぜー六 登稔(とうじん)のこんなんでけたんや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる