登稔(とうじん)のこんなんでけたんや

アクセスカウンタ

zoom RSS 必然的必然

<<   作成日時 : 2013/06/08 10:21   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

家から一番近いお店は4kmほどのところにある農協支所で
ここはちょっとしたものを買うのには便利だけれど

食材に関しては選択肢が極めて狭く物足りない

そこで次に近いところは11km先の東川町 

また半径15kmまで延ばせば4−5軒はあって

その日の気分、財力、購入物件によって行く先が変わる。 

女房殿は車の運転が出来ないから、いつも一緒ということに必然的になってしまう。 



画像


このどこから見ても、だれが見ても、もはや近頃では絶滅危惧種となりつつある

超のつく『田舎のおばさん』といっしょに買い物に行くのだ! 

それでも女房殿はスーパーFに行くときは継当てモンペでも平気なくせに 

SやWのときはそれなりに継のあたっていない、よれよれでないモンペにしているようだ

『どっちにしてもあまりかわらないけれど・・・』


確かにスーパーによって雰囲気が違う 

それは客層の違いという形で如実に表れる。 

野良着や仕事着のまんまドロ付ナガ靴でドタドタ歩き回っている人がいたりしても

全く違和感なく当たり前のように思われるところもあれば、

平日の昼下がり、お化粧の香りがほのかに漂う美しい人妻が

『今夜は何にしようかしら…』と悩ましい表情を浮かべながら食材を物色

している。なんていうのが似合うところもある。 あるある。


そういうお店は大抵1階が食品売り場 2階3階にも売り場があって

衣料品関係や文具関係、電器関係、などが置いてある 

ここで気を付けなければならないのは、

衣料品関係である 

ただボーと歩いていると突然目の前に「婦人下着売り場」が現れたりする 

トルソー型マネキンに赤や紫や黒のパンティーとブラジャーを着せて

中からライトを当てて「どうです、こんなに透けてるんです」と

スケスケ具合を主張している 

そしてその周りにもたくさんのスケスケ下着がぶら下がっている。

いきなりこんなところに迷い込んだ子羊は、

一気に赤面しウロタエ興奮し血走り鼻息が荒くなりと慌てふためくのであるが

しかしここでそんなことをおくびにも出してはいけない

『こんなところをウロウロしてあの人変態じゃない』

『あらいやだ、あのおじさんスケベそうな顔してる』 

なんて思われているなんて思ってもいけない 

ここを通るのは

ボーと的必然であり通路的必然であり偶発的必然であるからして 

必然的必然であると威風堂々マジェスティックに主張すべきであり

(もっともそんなことを声を出して言ったらますます怪しいおじさんになってしまうから

あくまでも心の持ち方としてですね・・・)

目は真っ直ぐ前をみてキョロキョロしない

もっと先に本当の目的地がある

だからここはたまたま通っているに過ぎない 

こんなものには興味ないもんね

という態度をとらねばならない


とようやく紳士靴下売り場にたどりついてホッと一息つくのである。。

でも別に靴下を買う予定もないんだけれど




















































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
とてもいい写真です
とても好きな写真です
とても好きな人です♪
みちこ
2013/06/09 21:47
>じぇじぇ
tohjin
2013/06/10 08:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
必然的必然 登稔(とうじん)のこんなんでけたんや/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる